御所見小学校 「御所見スタディーランド」の取材をしてきました

 11月16日(土)に御所見小学校「御所見スタディーランド」の取材に伺いました。

 教室や廊下は、子どもたちがきれいに飾り付けをしていて、元気な呼び込みの声も聞こえてきます。日頃学習したことをクイズやゲームにしたり、工作教室を開いたりするなど、工夫を凝らした楽しい企画がたくさんありました。

~後藤教頭先生にお話を伺いました~

*どのようなイベントですか?
 子どもたちの自主性を育てるために、自分たちで企画運営を行います。昨年度までは「御小まつり」でしたが、今年度は学習の成果を発表する場として行っています。

 釣り堀を作成したクラスと八ケ岳の野外学習をテーマにしたクラスを取材させていただきました。

~先生(2年生担任)にお話を伺いました~
 「生活」をテーマに学習したことを生かしてお店づくりをしました。お客さんが楽しめるように、どんなことができるかを子どもたち自身で考えました。

~5年生男子にお話を伺いました~
 先生に頼らず、皆でアイディアを出し合いました。多数決で細かい所まで決めたり、段ボールで牛を作ったりするのが大変でした。(と、達成感溢れる表情で話してくれました。)

 その後、本部の方がいらっしゃるPTA会議室へ。校庭にある御小シンボルのイチョウの木がよく見え、広々とした素敵な空間でした。この日は保護者のための休憩所として開放。そこには、保護者の方が気軽に立ち寄り、PTAを身近に感じてもらうための様々な工夫がありました。
①写真パネル、アルバムの展示
 ⇒PTAの歴史、昔の様子を知っていただく。
②各委員会のお知らせ掲示板
 ⇒PTA活動を知ってもらうための工夫。プリントの届かない家庭でも、行事などの情報を確認することができる。
③委員会ノートの展示

⇒活動内容を分かりやすくお伝えしている工夫がされていました。

~後藤教頭先生に御小PTAについてお話を伺いました~
 御小PTAには、地域で子どもを育てようという意識の高い方が多いです。「できることはやります!」という姿勢で学校を支えてくださっています。また本部の方々とは構えずに話せる関係なので、「垣根」を感じない気がします。保護者と教職員をいつも陰で支えていただき感謝しています。

~本部の方々にお話を伺いました~
*御小PTAのPRポイントは?
 学校が親にとっても子どもにとっても居やすい場所であるよう、エンジョイをテーマに和気あいあいと活動しています。御小PTAは、地区と委員会両方の委員を決めるので選出が大変ですが、大勢の方に関わっていただいています。

   今日は「御所見スタディーランド」で、たくさんのアイディアと元気をもらい、子どもたちの笑顔に癒されました。御所見小学校の皆様、取材にご協力いただきありがとうございました。