「いのちの授業」~生まれてきてくれて、ありがとう

「いのちの大切さ」「ありのままの存在の尊さ」を伝え、いじめや虐待、子どもの人権を考えさせられる感動の課外授業

日時
2021年4月24日(土)13時より
無料オンライン講演

申し込み方法
詳細は下記のチラシから

主催者
一般社団法人藤沢青年会議所

 

石川小学校に行ってきました!

 11月20日、石川小学校の教職員と保護者の団体である

『石川小学校 みんな石小会(いっしょかい)』の代表者会議の取材に行ってきました。

 本来であれば1回の会議で済むところを、新型コロナウイルス感染症対策として、密になることを避けるために同じ会議を4回に分けて行うそうです。『4回も同じ会議をするのは大変なのでは?』と思い、会長に聞いてみました。

『皆さんが事前にLINEにあげた議題に対してしっかりご意見をくださるのと、日程の調整に協力してくださるので、だんだんスムーズに会議ができるようになりました。今は顔を合わせて話し合えることがとても楽しいです!』とのことでした。

 実際、1つの会議に参加させていただいたのですが、会議前に換気、除菌作業を行い、十分な距離を取りながら10名ほどの人数で会議をしていました。   

司会を担当していた副会長と会長の絶妙?な掛け合いの中、時には笑いが!時には真剣に議論し、参加したすべての人が気軽に話せ、次年度のことも考えた話合いをしながらあっという間に時間が過ぎ、前半の会議が終了となりました。

その後前半のグループが退席された後に除菌作業を行い、後半のグループが入室し、2回目の会議が始まります。

 

会議の合間に本部役員の方に話を伺いました。

『学校が行っている行事や石小会の活動を通して子どもたちのために何かできることはないか?と本部に立候補しました。考えがあっても声が届かないと思っていた自分と同じような方の気持ちになって考えていき、石小会を通じてより良い活動ができるようにしていきたいと思います。』

『本部をやるまでは学校の大変さがわかりませんでしたが、本部をやることによって大変さがよくわかりました。これからは行事などスルーしないで積極的に参加していきたいです。会長、副会長が動きやすい雰囲気つくりをしてくれています。』

『何もわからないまま本部に入りましたが、会長、副会長がわかりやすく説明してくれます。わからないことをそのままにしないで聞いてもいいんだ!という雰囲気をだしてくれているので。とても動きやすいです。』などでした。

 

 学校にもお話を伺いました。

『石小会の皆さんには、子どもたちはもちろん学校としても力強く支えていただいています。今年度は草むしりや、学校再開後に一年生の下校の付き添いなど、学校だけではなかなか手の届かなかった所をサポートしていただきました。石小会の本部の皆さんからは、とても熱い想いを感じます。これからもお互いに手を携えながら一緒に活動をしていきたいです』とのことでした。

 

最後に会長に話を伺いました。

『「みんな石小会」は、保護者の方全員に様々な係活動を通じて児童の学校生活や地域の活動にご協力をいただいています。しかし、今年度は4月に行われていたクラス代表や係活動を決めることができず、例年と違った形でのスタートとなりました。先が見えない中、「何ができるのか?」「今だからできることはなんだろう?」と学校と相談しながら活動の再開を目指してきました。活動を休止することより、どのように来年度へつなげていけるのか?と考えた中で、クラスの代表ではなく「本部協力員」として本部役員と一緒に活動をしてくださる方を全保護者から募集することになりました。今、石小会を支えてくださっているのは、立候補してくださった30名の「本部協力員」の皆さんです!何もかもが新しい挑戦の連続でしたが、「つなげよう!」のスローガンのもと、「本部協力員」の皆さまと一緒に、来年度へ!そしてその先の石小会につなげていけるよう、新しい石小会のカタチを考えていきたいと思います』と熱い想いを語っていただきました。 

 

今回取材させてもらい、保護者と学校の距離感がとてもいいなと思いました。お互いに普段からよく話をしているのだなと感じました。

取材に協力してくれました石川小学校、みんな石小会の皆さまありがとうございました。

2021年度サポートスタッフの選出について

 

    日頃より、当会の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
来年度へ向けてサポートスタッフを選出する時期が近づきました。当会の活動に携わってく ださる保護者の方を募集いたします。その役割、活動内容は次の通りです。

◇サポートスタッフの役割(任期1年、再任は妨げません。)
・代表(保護者1名)
当会を代表し、会務を統括する。
・副代表(保護者2名、先生1名)
代表を補佐し、必要に応じて代表の代理を務める。
・総務(保護者3~5名程度、先生3名)
活動に関する資料を作成する。金銭の収支の記録管理を行う。
・その他 会計監査員(保護者2名)
当会の会計が適正か年度末に会計監査を行い、次年度総会で結果を報告する。

※副代表・総務の先生は、別途選出されます。

◇サポートスタッフの主な活動内容
・全校交流会等の企画と運営(年4回程度)
・市内の小学校・中学校・特別支援学校のPTA等組織の活動調査
・マチコミやホームページによる広報活動
・対外活動(分担しながら参加しています)
藤沢市社会教育委員会議 他

◇選出までの流れ
 【届出用紙の配付、及びホームページにて募集。】
締切りは1月29日(金)です。
【候補者へのご説明】
選考委員が説明会を開催して、サポートスタッフの活動内容を説明します。
その後、候補者に意思確認をさせていただきます。
【総会で承認、決定】
次年度の全校総会で承認を得て、サポートスタッフが決定します。

◇説明会について
 サポートスタッフ選考委員会で立候補・推薦者届出用紙、ホームページでの応募の確認を行い、現サポートスタッフの協力を得て、候補者への説明会を行います。日程については、2月頃を予定していますが、詳細が決まり次第ご連絡いたします。

◇選出にあたって
・対象となる方は、来年度、藤沢市立小学校・中学校・特別支援学校にお子さんが在籍される保護者となります。
・立候補、推薦された時点でサポートスタッフとして活動することが決まるわけではありません。

ご興味のある方、活動してみたい方、まずはお気軽にご連絡ください。

 

 

立候補推薦その他(ご意見・お問い合わせ)

「おやじの会」三校交流会の様子を取材しました。

 

11月7日(土)13時〜於:鵠沼中学校グラウンドにて
おやじの会三校交流会のソフトボール交流戦を取材。

事前の雨予報も、おやじパワーで吹き飛ばし、風は強いながらも青空ものぞき涼しい良い気候の中での開催でした。
感染予防対策を講じて和気あいあい、楽しい雰囲気での中でのソフトボール交流戦。
声がけは控えめにしつつも、好プレーには盛大な拍手!!
陽気なおやじたちが子どもたちにも元気を届けるために、ソフトボールを通して鋭気を養いました。

 

*今回の三校交流会のいきさつ

このコロナ禍において10年近く前から毎年行われていた「おやじの会交流会」が、中止になってしまった今年度。
各団体の活動がままならない状況ではあるが、しっかりと感染予防対策をして実施できることがある!と思い開催いたしました。
交流を深めることで地域同士のつながりを強くし、子どもたちの安全安心のための活動も連携してできることが期待できると考え、今回の「おやじの会」三校交流会のソフトボール交流戦を開催したそうです

 

*三校交流会参加校の代表からメッセージ

 

【DON】(DAIICHICHUOYAJI NETWORK)
(第一中おやじの会)
参加者:14名
代表:安岡さん
「生徒の活動も、まだ自粛されていることもある中での交流会開催は葛藤もあったが、おやじ達が元気に活動することで、子どもたちを勇気づけることができたらという気持ちで活動中!」

 

 

【明中】(明治中学校おやじの会)
参加者:21名
代表:三觜さん
「子どもたちを見守ることが本来の私たちの仕事。
一日も早く、子どもたちの笑顔のためにもっと活動したいと思っています!」

 

 

【KFP】(鵠沼おやじパトロール隊)
参加者:16名
代表:小林さん
「鵠沼中学校まで来てくださった、DON・明中の両おやじの会の皆さん有難うございました。5月に予定されていた交流戦は中止なったが、11月に入ってこうして開催できて良かった。ゆくゆくは、トーナメント戦ができるくらいの数のおやじの会に参加してもらえる状況になれば嬉しい。
今はまだ大変な状況ではあるけれど、もっと交流できる日が来るのを信じて、めげずにやっていきましょう!」

 

主催者:雨澤さん(KFP)
「このコロナ禍においても、できることを無理のない範囲でやっていきたいです!会場提供をしてくださった鵠沼中学校・上條校長先生にも大変感謝しております。」

 

 

感染症予防対策

*参加者名簿に自宅で検温してきた体温記入
*消毒液準備
*検温と体調把握
*控えベンチの距離をとる
*控えメンバーマスク着用

 

『コロナで見えた!それ、誰の負担?』    オンライン無料講演会のお知らせ。

藤沢市人権男女共同平和課「共に生きるフォーラムふじさわ2020」
『コロナで見えた!それ、誰の負担?』オンライン無料講演会

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、社会状況が大きく変化した中で、外出自粛などによる家庭での負担が女性に集中している現状が多く報道されました。

どうしてこのような状況になってしまったのか、これまであまり意識していなかった家庭内での役割分担について、この機会に考えてみませんか?

本講演はYouTubeを利用し、事前に録画した講演を配信するオンライン講演会として実施します。

 

講師   :  石井クンツ昌子氏(立教大学社会学部現代文化学科特任教授)

動画公開期間
2020年12月10日(木)~2020年12月16日(水)まで

参加費 :  無料

視聴方法
本講演は事前に申込みをいただいた方へ、視聴用URLをお知らせいたします。

申込受付期間:11月10日(火)~12月9日(水)まで

申込み方法:市ホームページ電子申請またはEメールで、

住所・氏名(ふりがな)・Eメールアドレスを記入の上、お申込みください。

※詳しい内容については「添付の資料」または「藤沢市人権男女共同平和課HP」をご覧ください。