湘南台中学校PTAの取材をしてきました

~湘南台中学校へ取材に行ってきました!~

 平成30年度最後の運営委員会を見学させていただきました。校長先生は出張のためご不在でしたが、本部の方々と教頭先生とのやり取りを拝見していると、楽しそうで、良い関係性であることがわかりました。委員会は終始和やかで、笑いを交えてとても雰囲気の良い会でした。その後少しお時間をいただいて取材をさせていただきました。

PTAの活動

 PTAの今年度のテーマは「知識」ということもあり、バスツアーでは学問の神様で有名な‘湯島天神’へ行かれたそうです。
 また校外委員さんを中心に毎年「地区懇談会」が開催され、先生方、さまざまな地域団体、警察の方々などを招待し、100名以上が参加する大規模な活動も行っています。学年の球技大会では学級学年委員さんが豚汁の炊き出しを行っているそうです。広報委員は紙面の作成を校内だけではなく地域との関わりを持ちながら作業をしているそうです。

活動のボリューム

 ネガティブなイメージ、子どもや家庭を犠牲にしないように委員さんの負担を少なくするため、活動の縮小も追及していかなくてはいけないと考えているそうです。たとえば現時点での「地区懇談会」は先生方も参加されるため、学校終了後の19時より開催されています。そのため委員は子どもを預けての活動となってしまうそうです。今後はできるだけ負担が少なくなるように、校内で教員の勤務時間内で収まるような会にするなど、いろいろな場面で活動のボリュームの見直しも必要と考えているそうです。

~清水会長より・・・PTAの自慢など~

 湘南台中学校PTAは寛容な(ゆるやかな)活動を行っています。 ‘適当’が‘良い加減’で。例えば手紙の作成など、せっかく考えて作ってくれたものはそれで良い、誤字脱字のチェックくらいで! 何か提案をすれば周りの委員さんが動いてくれていて、いつの間にか出来あがっている。「大丈夫だよ!」の一言が安心させてくれるし、温かく見守られていると実感する。しっかりしていて頼もしい委員さんにとっても助けられています。 本部や委員長を自ら立候補してくれることのありがたさを感じる一方で、委員長決めも毎年スムーズではなく、くじ引きを行うこともある。くじ引きが悪いというイメージもありますが、幅を広げるためにもある程度は必要な方法ではないかと感じています。引き受けるまでは大きな不安もあるだろうけれど、やってみたら楽しかったと思えるような活動が望ましい。大変より楽しいと思ってもらえるPTAを目指している。
 

取材後記

 清水会長は小学校時代から中学校の現在まで本部役員を7年間務めているベテランママさん。お話を聞いていて、彼女の人柄が湘南台中学校PTAの空気感を作っていると実感しました。学校側との関係性はもちろん、本部のメンバー、委員長さん達との距離感がとても良い。また委員をやっても良いかなぁと思わせるような雰囲気作りは欠かせないものだと思っています。楽しく仲良く活動していれば、それを見た周りの保護者が委員をやってみようと思うきっかけになるのではないかと改めて感じました。
 近年、PTA活動にはさまざまな意見がありますが、子どもたちのための環境作りをするためには学校と保護者がより良い関係性を持つことではないかと思います。

☆取材にご協力いただきました湘南台中学校PTA運営委員会の皆さまありがとうございました!!

おはよう!キュンとするまち。藤沢 ラジオ体操2019実施団体募集のお知らせ

~みんなで、朝一斉にラジオ体操しませんか?~

 秋葉台公園球技場、奥田公園で開催するラジオ体操イベントと同時に、
地域でラジオ体操を実施する団体を募集します!
自治会、子ども会、サークル、企業など 多くのご応募お待ちしています!

特典
希望する団体には

景品・ラジオ体操カードをプレゼント♪
のぼり旗の貸出あり♪

応募条件
①10名以上で構成する団体であること
②ラジオの準備、ラジオの使用が可能な市内の会場の確保、当日の運営が可能であること
③一般市民の方の当日参加が可能であること
④実施場所・団体名・代表者名・連絡先等について公表が可能であること

実施内容
①2019年7月27日(土) NHK朝6時30分から放送のラジオに合わせたラジオ体操の実施
②参加人数等の報告
募集数
10団体程度
応募締切
5月7日(火)
※応募方法については、PDF資料の裏面をご覧ください。
申込み・お問い合わせ
藤沢市保健所 健康増進課
藤沢市鵠沼2131-1
(藤沢市保健所4階)
TEL 0466-50-8430 
FAX 0466-28-2121

健康増進課 チラシ&応募用紙

2018年度保護者と先生との交流会を開催しました

 11月26日、保護者と先生との交流会を開催し、83名の方にご参加いただきました。
 まず始めに特定非営利活動法人フリースペースたまりば 理事であり、川崎若者就労自立支援センターブリュッケ 事務長の佐藤 有樹(さとう ゆうき)氏を講師にむかえ、「子どもの『今』に寄り添うために ~子どもも親も、頑張り過ぎないで~」というテーマでご講話いただきました。講話後は保護者と先生でいくつかのグループに分かれて、グループトークの時間を設けました。それぞれの立場で感じていること、思いなどを話し合い、情報共有することができました。

以下、提出いただいたアンケート結果の中から、皆様からいただいた声をいくつかご紹介いたします。

アンケート回答数:60名

 

 

感想/聞いてみたいテーマ等

《先生方より》
・今の子どもたちの心の中、背景など、佐藤先生の話からヒントをいただけました。ありがとうございました。
・教師の立ち位置、保護者の立ち位置ってとても大切なんですね。SOSを出せるような関係づくりをしましょう!!
・普段関わり合えない、いろいろな地域の保護者の方々とお話する機会はとても貴重でした。ありがとうございました。

《保護者の方より》
・最後の「大人が幸せでいてください。」の一言が最高でした。
・自己肯定感を持つ(持たせる)ことは、私の育児における一番の目標です。本日の講演会の内容は本当に素晴らしかったです。
・フルタイムで働く中2男子の母です。本日は子育てにも仕事にもつながるヒントをたくさんいただくことができました。

今後どのような企画があったら良いと思いますか?

《先生》
講演会 11名 参加型の学習会 8名 保護者同士の広域な交流 2名 保護者と教職員の広域な交流 7名 (その他)「スマホ」について保護者と教職員で交流してみたい。
《保護者》
講演会 14名
参加型の学習会 8名
保護者同士の広域な交流 12名
保護者と教職員の広域な交流 21名 (その他)
「みんなの学校」の木村先生のお話を聞きたい。
行政の方との交流

村岡小学校PTAの取材をしてきました

~村岡小学校PTAにお邪魔してきました~

 和やかな笑い声あふれる運営委員会後のお時間に、PTA本部役員の代表の方4名と校長先生に、村岡小学校のPTA活動について取材をさせていただきました。

村岡小学校とはどんな学校?

 創立145年、PTAが組織されてから70年の歴史を持つ学校です。3世代にわたり、村岡小学校出身という方も多く、村岡小学校愛にあふれ役員を引き受けてくださっている本部役員の方がいらっしゃいました。会長職は男性がなることが慣例となっており、唯一1度、1年のみ女性が行ったことがあったそうです。
 幼稚園、小学校、中学校、公民館が近くにあり交流がしやすい地域だと感じました。

こんな活動をしています

 年に9回の運営委員会(校長先生、教頭先生、PTA本部、学級委員会、成人委員会、広報委員会、校外委員会)は、学校が日程を決め校長先生、教頭先生が出席できるようにしていました。なんと、未就学のお子さんを連れてでも参加しやすいように、キッズコーナーが設けられ、絵本やおもちゃが用意されていました!この気遣いが参加のしやすさにつながってよい雰囲気を作っていると感じました。
 1学期に、全校生徒で行う「ころころ音楽会」では多くの保護者の方が快くお手伝いをしてくださるそうです。市民会館までの移動の見守り・受付等、PTAの力によるものが大きく、今年は学校側とPTAとで話し合いをし情報共有をすることで今までばらばらに行っていた行事へのかかわりを、より円滑に合理的に行えるようになったそうです。
 ほかにも学校公開時の受付、地域の公民館まつりへの参加等できる人ができることをモットーに活動しています。

こんなことに悩んでいます

 保護者の参加を促すことが難しいこともあるようです。「ころころ音楽会」では、観覧席が用意される参加メリットがあるということで、多くの保護者がお手伝いをしてくださるそうですが、なぜ行うのかという目的をしっかり伝えることが大切だと考えているそうです。70年の歴史あるPTAとして伝統を大切しながらも、「何か目的をもって始めた行事も年月が経つと、目的を見失ってやることだけが残ってしまうことがある。結果、やることの負担に対してのみ議論されている。原点に戻りどうして行われてきたかを話し、その上で見直すかを考えていく。考えていく余地があることを保護者の皆さんに伝えることが大切。」と会長が熱く語っていました。
 任期についても聞いてみると、2年任期とのことでしたが、ここ数年会長は3年ということが多いそうです。このことについても、「パワーバランスが難しくて、1年目に会長がやりたいことをバーンと出すと、よっぽどうまくやらないとやりたいことがやれなくなる。2年目のいまは、一番やりたいことを皆さんの協力があるからやることができる。1年目より2年目の方がぐっとやりやすさがある。だからといって、来年も続けることがよいのかは別問題です。」と笑ってお話しされていました。

これが大事

 保護者の皆さんには、お仕事をされていて時間的に活動に参加する事が難しい等のいろんな背景があり、委員会に出席する等の余力がある自分たちがPTA活動に積極的かかわることができていると思ってPTA活動をしているとのこと。どの保護者も、学校や子どもたちに対してやってみたいことはきっとあるはずだから、学校と連携して一緒にできることをやっていける組織にしていきたい!!という思いが会長をはじめ、本部役員の皆さんから伝わってきました。校長先生と話しながら、何ができるかを手探りだが一緒にやっていきたい!!仕事をしているからできないという境目を作りたくない!!思ったことを伝えていつでも入ってこられる場所にできたらよいな!!という温かい心が伝わってきました。どこを充実させるかをきちんと話し合って、うまくやっているよねということを役員同士も分かち合いながらこれからもPTA活動を続けていきたいと話していました。

~校長先生よりPTAへひとこと~

 PTAの方々が許容してくださる土壌があって本領が発揮できますので、PTAあっての学校です。

~PTAより学校へひとこと~

学校だけでも、保護者だけでもだめで、両方なくてはダメということですね。子どもにかかわっている両方がよい関係でいて、それぞれ子どもにかかわることができます。これからも、話しやすい何でも話せる関係でいてほしいです。運営委員会や本部会に行きたいなぁと思ってくださる校長先生のモチベーションがありがたい!
 

村岡小学校PTAのキーワード
「face to face」

 意思の疎通で大切にしていることだと会長が話してくださいました。活動の簡素化や合理化、時間の使い方という点でメールというのはすごい強く、良さもありますが、やっぱり、相手にメール等の字面の会話の飛び交いでは誤解を生んでしまうことがあるとのこと。「相手の解釈をする力を推し量らないと正しいことが伝わらないこともありますが、対面であればその辺のことは会話の中で誤解はすぐにとけるし、会うことで実現するということがととても大きいなと思います。」と締めくくってくださいました。素敵ですね!これは藤沢の子どもたちのためにつながる会にとってもキーワードな感じがしました。
 お忙しい中、お時間を取ってくださりありがとうございました。

第一中学校の「いちゅまるガーデン」を取材しました

 第一中学校の文化発表会の日に、「いちゅまるガーデン」の取材に行ってきました。今年のPTA本部メンバーの声をきっかけに、屋上の花壇で「いちゅまる」をお花で描こうということになったそうです。「いちゅまる」は、創立70周年記念として生徒の皆さんから募集して選ばれた一中のゆるキャラです。

 しかし検討する中で、手間や維持管理を考えるとお花で描くことは難しいと判断し、その代わりに砂利を使って「いちゅまるガーデン」を作ろう!!と盛り上がっていったとのこと。保護者と先生方、生徒の皆さんが協力し、文化祭に合わせて愛らしい「いちゅまるガーデン」が完成しました。

いちゅまる、可愛いですね。完成度も素晴らしいです。

~PTA会長の廣橋さんにお話を伺いました~

 今年の本部メンバーから「手つかずだった屋上花壇に手を入れましょう!」という提案がありスタートした屋上庭園プロジェクト。先生方との検討を重ね、一中の70周年キャラクター「いちゅまるガーデン」に辿り着きました。最後の仕上げ、夏休みの草取りには生徒の皆さんにも参加してもらい、素晴らしい出来栄えとなりました。ご来校の際にはぜひご覧ください。

~保護者の方にお話を伺いました~

PTAの行事にはこれまで一度も参加したことはありませんでしたが、日曜日の1日の作業ということで初めて参加しました。設計、砂利の価格調査、ボランティアの方々の事前の草取りのおかげで、部材の購入から作業をほぼ1日で済ませることができました。1日だけだったので気軽にPTA活動に参加できました。それにしても、大人のやる気とチームワーク力はすごいな!と思う充実した1日でした。

2018年度講演会「叱らなくても子どもは伸びる~目から鱗の子育てと家庭教育~」のお知らせ

※定員に達したため、参加申し込みを締め切らせていただきました。
お申込みいただきました皆様、ありがとうございました。

2018年度 藤沢の子どもたちのためにつながる会 講演会

叱らなくても子どもは伸びる

~目から鱗の子育てと家庭教育~

「早くしなさい!」「勉強したの?」…言わないでおこうと思ってもつい口に出してしまうことはありませんか?大人だって言われたくないことはたくさんありますが、言わずにはいられないのが子育て!!そんな親子関係から一転、お互いに気持ちよく、かけがえのない家族の時間を過ごすヒントを学びませんか?

日時
2019年1月16日(水)10:00~(9:30~受付)
会場
湘南台公民館 市民シアター
講師
親野 智可等(おやの ちから)氏
 教育評論家。本名 杉山佳一。長年の教師経験をもとにメールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行。具体的ですぐできるアイデアが多いと評判を呼び、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど各メディアで絶賛される。
 また、子育て中の親たちの圧倒的な支持を得てメルマガ大賞の教育・研究部門で5年連続第1位に輝いた。読者数も4万5千人を超え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。『「叱らない」しつけ』(PHP文庫)などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても著名。ブログ「親力講座」も毎日更新。
主催
藤沢の子どもたちのためにつながる会
共催
藤沢市教育委員会
お申込み方法
PDFチラシの裏面をご覧ください。

2018年度講演会チラシ確定版

藤沢市青少年育成市民のつどい~子どもの心に寄り添うコミュニケーション~ のお知らせ

平成30年度藤沢市青少年育成市民のつどい 講演会

~子どもの心に寄り添うコミュニケーション~

開催日
2018年11月25日(日)14:00~16:30(開場13:30)
13:30 開場
14:00 開会 第一部 表彰式 藤沢市青少年育成活動推進功労者表彰
14:50 第二部 講演会 ~子どもの心に寄り添うコミュニケーション~
16:30 閉会
会場
藤沢市民会館小ホール
講師
袰岩 奈々(ほろいわ なな) 氏
心理カウンセラー。教育相談員を経て「カウンセリングルームプリメイラ」を開設。大学での学生相談、働く女性などの個人カウンセリング、教育関係者、保護者を対象とした研修、企業でのコミュニケーション研修なども数多く実施。また、子育て雑誌やwebサイトなどで心理関係記事に携わる。日本大学などでの非常勤講師を経て、現在、ハワイ東海インターナショナルカレッジ・カレッジライフカウンセラーである。著書に「感じない子ども こころを扱えない大人」「プロ心理カウンセラーが教える わが子が伸びる魔法の口ぐせ」「人づきあいの『黒感情』整理術~怒り・落ち込み・妬み・羨望はこうして解消!~」などがある。現在ハワイ在住。

ご案内
入場無料 定員400名
手話通訳あり
保育あり(先着10名 2歳児~未就学児)
主催
藤沢市青少年問題協議会・藤沢市青少年育成協議会・公益社団法人藤沢市みらい創造財団・藤沢市
お問い合わせ
(公財)藤沢市みらい創造財団青少年事業部
TEL:0466-25-5215
FAX:0466-28-9567
藤沢市子ども青少年部青少年課
TEL:0466-25-1111(内線3851)

H30.shiminnotudoi

2019年度サポートスタッフの選出について

 募集は締め切らせていただきました。
ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました。

 日頃より、当会の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 この度、来年度のサポートスタッフを選出するためのサポートスタッフ選考委員会を発足いたしました。2019年度に、当会の活動に携わってくださる保護者の方を募集いたします。その役割、活動内容は次の通りです。

◇サポートスタッフの役割(任期1年、再任は妨げません。)
・代表(保護者1名)
 当会を代表し、会務を統括する。
・副代表(保護者2名、先生1名)
 代表を補佐し、必要に応じて代表の代理を務める。
・総務(保護者3名以内、先生3名)
 活動に関する資料を作成する。金銭の収支の記録管理を行う。
・その他 会計監査員(保護者2名)
 当会の会計が適正か年度末に会計監査を行い、次年度総会で結果を報告する。

※副代表・総務の先生は、別途選出されます。

◇サポートスタッフの主な活動内容
・全校交流会等の企画と運営(年4回程度)
・市内の小学校・中学校・特別支援学校のPTA等組織の活動調査
・マチコミやホームページによる広報活動
・対外活動(分担しながら参加しています)
 藤沢市社会教育委員会議・藤沢市青少年育成委員会 他

◇選出までの流れ
 【届出用紙の配付、及びホームページにて募集。】
  締切りは12月14日(金)です。
 【候補者へのご説明】 
  サポートスタッフ選考委員が説明会を開催して、サポートスタッフの活動内容
  を説明します。その後、候補者に意思確認をさせていただきます。
 【総会で承認、決定】
  次年度の全校総会で承認を得て、サポートスタッフが決定します。

◇説明会について
 サポートスタッフ選考委員会で立候補・推薦者届出用紙、ホームページでの応募の確認を行い、現サポートスタッフの協力を得て、候補者への説明会を行います。日程については、1月~2月頃を予定していますが、立候補者・推薦者へ個別にご連絡いたします。

◇選出にあたって
・対象となる方は、来年度、藤沢市立小学校・中学校・特別支援学校にお子さんが在籍される保護者となります。
・立候補、推薦された時点でサポートスタッフとして活動することが決まるわけではありません。

ご興味のある方、活動してみたい方、まずはお気軽にご連絡ください。

立候補推薦その他(ご意見・お問い合わせ)

2018年度保護者と先生との交流会のお知らせ

2018年度 保護者と先生との交流会

子どもの「今」に寄り添うために
~子どもも親も、頑張りすぎないで~

 今の時代、取り巻く環境がどんどん変わっていく中で、「今」を精一杯生きる子どもたちだけではなく、実は保護者の皆さんも頑張り過ぎているのかもしれません。
 さまざまな子どもたちに対する支援、活動を行なっている佐藤有樹氏にお話を伺いながら、保護者と先生で子どもとどのように関わり、向き合ったらよいかを考えてみませんか。やさしい気持ちになれる、ホッと一息つける、そんな時間にしたいと考えています。

参加費無料、託児あり(先着順)

日時
11月23日(金・祝)13:30~16:00(開場13:00~)
会場
湘南台公民館地下1階ホール
講師
佐藤 有樹(さとう ゆうき)氏
定員
100名(先着順)

お申込み方法等、詳細はチラシをご覧ください。

保護者と先生との交流会2018チラシ確定版余白有

役員選考委員情報交換会を開催しました

 9月13日(木)、六会公民館のホールにて役員選考委員の情報交換会を開催しました。
 市内の小中学校の役員選考・選出委員(指名委員)と本部役員の皆さまにご参加いただきまして、9つに分かれてグループトークを行いました。

 各学校のかたち、取り組み方も様々なことを知る機会になったと多くの方からご感想をいただきました。

  • 他校の情報がたくさん聞けた。取り入れたいことがたくさんあった。
  • 自校の情報のみで動いていた。気づかなかった点や違った発想がとても新鮮でよかった。
  • 役選の問題点や改善点を相互にディスカッションできた。

 また、様々な取り組みを知る中で、ぜひ取り入れたいという具体的なご意見をいただきましたので一部ご紹介いたします。

  • 届出用紙の自薦・他薦枠が一緒だったので別にしたいと思った。
  • 候補者に対して説明会を開き、役員のお仕事について知ってもらいたいと思った。
  • 経験者の声などを載せて、楽しく活動ができることを伝えていきたいと思った。
  • 委員会の活動内容を省いてみた結果どうなったか…という話を聞いたので、活動を減らすと…という提案をしてみようと思った。

 その他にも多くの「取り入れたい」というご感想をいただきました。ぜひそれぞれの学校で参考にしていただけたらと思います。

 そして、役員を選出するにあたってはまず、PTAとは何のために活動をしているのかを再認識することが大切であり、その思い(目的)をより多くの会員間で共有すること、つながっていくことの大切さも話し合われました。
 思いを共有するためには、活動に参加できない方々のご意見に耳を傾けることも大切です。その中により多くの人とつながることができるヒントが隠されていると思います。 「PTA」について、活動の目的や、活動を楽しむことについても、多くのご感想をいただきました。

  • 地域性もあるので同じようにはできないかもしれないが、今日参加して前向きに楽しくやっていると、まわりも楽しく活動できると思った。
  • 本部は大変というイメージがあったが、人の輪も広がるし学校の様子もわかり、先生とも話す機会が増えるので楽しいと聞き、イメージが変わった。
  • 人とのつながりが大事。チーム作りが大事とわかった。役員選出に役立てたいと思う。
  • PTAに否定的な人たちの意見に、もっと耳を傾ける必要があるのかなと思った。PTAの必要性だけを言っていても前に進まないのかなと感じた。

 ご参加いただいた学校の皆さまには後日、各グループのまとめと、アンケート結果、参考資料をお送りいたします。ご質問等ありましたらつながる会までぜひご連絡ください。